忍者ブログ

ITKarte (ITカルテ)

医療情報,医用データの患者さんへの開示(カルテ開示), 医療施設間の連携(病病連携,病診連携), 生涯の医療情報の蓄積(生涯カルテ),  いつでも何処でも必要な医療情報へのアクセス(ユビキタス カルテ),をインターネットで実現するITKarte(ITカルテ)をご紹介します. ITカルテはインターネット上に構築された医用データ共有システムです.医師と医師,医師と患者さんの間の医療情報共有をサポートするツールとして利用されています.はじめての人は”カテゴリー”の「ITカルテのはじまり」をご覧下さい.

個人医療情報のバックアップ
ITkarte(ITカルテ)では,画像(MRIやCT),検体検査(血液検査),処方内容(処方箋の与薬内容)を自動でアップロードできるようになりました.
事前設定しておけば,医療従事者(医師)が手動でアップロードせずとも,病院の電子カルテからITカルテのサーバ(インターネットから利用可能)に登録されることになります.
この設定をオンにしておけば,処方内容が病院の外(ITカルテのサーバ)に保管されますので,薬歴保存のミラーサーバの役割をしてくれます.
PR

コメント

コメントを書く