忍者ブログ

ITKarte (ITカルテ)

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > ITカルテのはじまり > ITカルテのはじまり その2

ITカルテのはじまり その2

通常の病院内電子カルテの場合,医師がIDとパスワードで電子カルテにログインすると,患者の一覧が表示されるか,患者のID入力欄が表示されます.医師は患者IDを入力すると患者さんのカルテが表示されることになります.
患者一覧が表示される場合は,どの患者データでも開くことができます.患者IDを入力するように要求される場合でも,患者IDをランダム入力すると1/10くらいの割合で,不特定の患者にヒットする可能性があります.
よって,このような病院内電子カルテシステムと同じやり方では,インターネットの上に医療情報を保存することは危険です.
ネットワークの範囲が小さければ,あまり問題になりませんが,インターネットの上で,いつでも何処でも必要なデータにアクセスするためには,患者-主治医関係のある場合のみアクセスできるような仕組みが必要です.でないと,東京の患者データに無関係の北海道の医師がアクセスする可能性があるからです.

インターネットの上に医療データを置いた場合,パスワードを破られるとか,通信時にデータを盗まれるとかの問題の他に,このような医療データへのアクセス権の問題が生じてしまうわけです.

これをどのように回避するかが大きな問題となりました.

PR

Comment0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP