忍者ブログ

ITKarte (ITカルテ)

Home > ブログ > > [PR] Home > ブログ > ITカルテのはじまり > ITカルテのはじまり その1

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ITカルテのはじまり その1

2001年末,既にインターネットは普及し,ウェブブラウザにより,様々な情報がホームページに掲載され,私達は簡単に必要な情報にアクセスできるようになっていました.
電子カルテは少しずつ認知されるようになっていましたが,多くの病院では,紙のカルテが使われていました.施設によっては,CTやMRIの画像サーバシステムが動いていましたが,現在ほど普及してはいませんでした.

患者さん達は,CTやMRIを撮影した後,検査した病院から他の病院へ紹介されれば,フィルムを持って移動していました.これは現在でも,大部分,同じような状況です.ところが,画像フィルムを持ってくるのを忘れたり,画像が紹介される医療施設に届いていなかったりということが時にあります.

そんな中,『いつでも,何処からでも必要な時に必要な画像を見ることが出来ないだろうか』と考えた医師がいました.このような事を考えた医師たちは,画像を電子的にネットワーク上に置く方法を研究しはじめました.
ネットワーク上に医療用画像(それと同じような役割をもつ情報)を置く仕組みを,ここでは”医用データ共有システム”と呼ぶことにします.

この医用データ共有システムが,ITカルテ開発のもとになるわけです.
ところが,医療情報をネットワーク上に置いて,いつでも何処からでも見る,ということは非常に危険な事でもありました.この当時,医用データ共有システムの理論的背景は考え出されていなかったわけで,ネットワーク上の医療情報を,いつでも何処からでも見るためには,大きな考え方の転換が必要でした.

PR

Comment0 Comment

Comment Form

  • お名前name
  • タイトルtitle
  • メールアドレスmail address
  • URLurl
  • コメントcomment
  • パスワードpassword

PAGE TOP