忍者ブログ

ITKarte (ITカルテ)

Home > ブログ > 記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

院内データの自動アップロード

ITカルテは,PC上で,
ITカルテ医療従事者会員相互のデータ交換
ITカルテ医療従事者会員と患者会員の間のデータ開示
が可能ですが,PCだけでなく,医師に向けて,スマートフォンにも画像を送ることができるようになりました.
また,”会員でない医師にはデータを送ることができないのか”,という声に応えるため,一時開示パスワード機能を準備し,非会員の医療従事者にもデータアクセスが可能になりました.

今回の機能アップは,病院側からのデータ取り出しに関する物です.
これまで,病院側からITカルテへのデータアップ(取り出し)は,基本的に手動で行っていましたが,これが自動的に行えるようになりました.病院内の連携サーバに,指令しておけば,自動的にデータがITカルテに入るようになります.
この機能は,画像,採血データ,処方データに関して準備されています.
勿論,自動的には送らないという選択も,患者ごとに指定できますし,期間を区切っての設定もできるようになりました.
これで,医療従事者側のデータアップにかかる手間は大幅に少なくなることと期待しています.

PR

ITカルテからスマートフォンへただで医療画像を送る

ITkarteからスマートフォンへ画像を送ることができるようになりました.
ITカルテの紹介相談機能を利用するとき,これまでは,メールで紹介が来たことを通知する機能だけでしたが,登録してあるスマホを紹介先に指定すると,スマホにメールが届きます.
スマホの方から届いたURLをクリックすると,ITkarteにある画像を見ることができます.
これで,外出中の先生にCTなどちょっと見てもらうことができちゃいます.
病院施設に連携サーバがあれば簡便に使えますが,基本的にITKarteに接続するPCがあれば利用できます.
使おうと思えば,基本的にただ(スマホのデータ通信料はかかりますけど)で使えます.

会員以外にもデータを送る

ITカルテにいくつか新しい機能が追加されています.
これまで,ITカルテに登録されたデータを見るためには,患者も医療従事者もITカルテの会員でなければなりませんでした.
今回の新機能は,会員である医療従事者が,紹介データに一時開示キーを設定し,これを相手に伝えることにより,受け手が一時開示キーを使って紹介データを閲覧できるものです.
この時のデータの受け手側は,医療従事者でも,患者でも構いません.

医療従事者にとっては,自分さえITカルテ会員になっておけば,相手が会員でなくてもデータを見てもらうことができるようになったわけです.
さあこれで,更に使い勝ってが良くなりました.益々,ご利用くださいますよう,お願いします.

「どこでもMY病院」構想を先取りした「ITKarte」

第31回医療情報学連合大会(第12回日本医療情報学会学術大会)@鹿児島 の様子が
日経メディカルオンライン「医療とIT」日経デジタルヘルスOnlineに掲載されました.

ITカルテの特徴である
・複数の医療施設の医師の間で利用できること
・患者自身もアクセスできる仕組みであること
をしっかりご紹介いただきました.

且つ,インターネット上に医用データを置いて安全に利用するための必要条件として,
1.主治医が患者データにアクセスできること
2.関係しない患者のデータは閲覧できないこと
3.患者へのID発行が迅速にできること
4.ウェブ上にデータを持っている患者が別の医療機関を利用する際に新たな担当医がすぐにアクセス権を獲得できること
5.過去の診療に使用したデータへのアクセスが将来的にも保証されること
を記載していだきました.

”『個人に自らの医療情報を蓄積・管理する機会を提供する』という、どこでもMY病院の基本概念は、まさにITカルテのコンセプト”です.

発表の要点を簡潔明瞭に,分かり易くご紹介いただき,ライターの増田克善氏に感謝致します.
「どこでもMY病院」構想を先取りした「ITKarte」というありがたい見出し(日経デジタルヘルスOnline)までいただき,ありがとうございました.

セキュリティとITカルテ シンポジウムで

2011年12月17日
鹿児島大学医学部鶴陵会館 で
第13回 これからの病院経営と患者サービスを考える会 が催されました.
シンポジウム4題の中で,ITカルテに関しては,
「患者への医療情報開示もできる地域連携システム -ITカルテ -」
が発表されました.
特別講演は,東京大学大学院 情報環・学術情報府の山本隆一先生による
「個人情報保護法に関する医療分野の個別法の検討」でした.
 
シンポジウム後の討論会で,医療情報をネットワークで遣り取りする場合のセキュリティレベルの話として,山本隆一先生にお話を伺うことができました.
以下は,その中で特に私が重要であると考えたことの要旨です.
・ ITカルテのようなB to Cの遣り取り(センターと医師,センターと患者)はSSLで良いと考えている.センター間(データセンター間)の通信は少なくともVPNが必要であろう.
・ 患者に医師が情報開示を行い,それを患者の了解の下にセンターサーバにアップすると言うことであれば,データを遣り取りする医師の所属する施設責任者の事前の文書による了解が必要であるとは考えない.
この2点は非常に意義のあるお話であったと考えます.
 
医療ITの世界では,やたらと自分たちで自分たちの手足を縛っているような部分があり,他人にやらせないし,自分もやらない,といった雰囲気がありますが,技術的な可能性と運用をうまく組み合わせる必要があると考えます.

私,不勉強で知らなかったのですが,山本隆一先生は,あの「どこでもMY病院」構想つまり日本版EHR事業の推進委員会構成員でいらっしゃいました.

※EHR(Electronic Health Record):
個人が自らの医療・健康情報(診療情報・健診情報等)を「生涯にわたって」電子的に管理・活用できる仕組み

PAGE TOP