忍者ブログ

ITKarte (ITカルテ)

医療情報,医用データの患者さんへの開示(カルテ開示), 医療施設間の連携(病病連携,病診連携), 生涯の医療情報の蓄積(生涯カルテ),  いつでも何処でも必要な医療情報へのアクセス(ユビキタス カルテ),をインターネットで実現するITKarte(ITカルテ)をご紹介します. ITカルテはインターネット上に構築された医用データ共有システムです.医師と医師,医師と患者さんの間の医療情報共有をサポートするツールとして利用されています.はじめての人は”カテゴリー”の「ITカルテのはじまり」をご覧下さい.

画像登録手段

本日,病院内カルテからMRI画像がDICOMサーバからボタンクリックでITカルテに転送されるようになっていました.感激でした.すばらしい.
これで,検体検査,処方,注射,放射線画像が院内カルテからITカルテに転送できるようになったのです.
やはり,ITカルテのような連携ツールは,使い勝手が良くなくてはいけない.データを入れる手間が簡略化されることにより,使う気にもなるというものである.
さて,私の勤務する病院では,院内カルテとITカルテが繋がりました.やればできるんですね.
このような機能が他の病院の院内電子カルテに実装されれば,病診連携も簡単になるはずです.
ただし,病院内カルテのデータをボタンクリックで連携できるようにするためには,連携サーバが必要になるそうで,少しお金がかかるらしい.

連携ボタンの画面を御覧あれ
2f9addab.JPG

PR

コメント

コメントを書く