忍者ブログ

ITKarte (ITカルテ)

医療情報,医用データの患者さんへの開示(カルテ開示), 医療施設間の連携(病病連携,病診連携), 生涯の医療情報の蓄積(生涯カルテ),  いつでも何処でも必要な医療情報へのアクセス(ユビキタス カルテ),をインターネットで実現するITKarte(ITカルテ)をご紹介します. ITカルテはインターネット上に構築された医用データ共有システムです.医師と医師,医師と患者さんの間の医療情報共有をサポートするツールとして利用されています.はじめての人は”カテゴリー”の「ITカルテのはじまり」をご覧下さい.

ウェブによる患者紹介

救急医療を担う病院にとって,新たな入院患者を受け入れ,平均入院日数を短縮するためには,転院先病院を探すことが必要である.一方,リハビリ,慢性期を受け入れる施設にとっては,空床を作らないように,患者を受け入れることが経営上重要である.
これを解決するためにウェブ上の連携システムを提供するサービスが存在する.利用料は月額,病院で20万から30万円,ベッド持ちクリニックで10万円となっているようである.患者受け取り側の療養施設でも月額10万円である.このほか,登録料が5万円となっている.

さて,ここでもITカルテである.ITカルテには,掲示板機能が備わっており,個々の患者情報を掲示板の記事にリンクできる.地域の病院やリハビリ施設,老健施設がグループ掲示板を立ち上げると,同様の機能を実現出来る.それも格安である.登録料無料,月額利用料は,既存サービスの1/5以下で可能であろう.

 

d876ffe7.jpeg
PR

コメント

コメントを書く